サロニア ヒートブラシの口コミって?メリットとデメリット大公開!

サロニアのヒートブラシって簡単にナチュラルなストレートヘアにできると人気の商品ですが本当なのか?
やはり気になるところですので、実際に使っている人の口コミを調べてみました。

結論を言いますと「まっすぐなストレートならアイロンの方がいい」という口コミもありますが、「簡単に自然なストレートに出来た」「朝の準備がラクになった」と良い評判が多いですね!

ブラシで髪の毛をとかすだけで整えられるというのが人気の理由でした。

髪の毛の長さで使いやすさが変わってきますので、ショート・ミディアムなら「スリムタイプ」
ロングなら「ワイドタイプ」を選ばれると使いやすいですよ!

悩んでいるなら、試してみる価値はあると思います^^

サロニアのヒートブラシを楽天で調べる場合はコチラ

サロニアのヒートブラシを愛用している人の口コミ



サロニアのヒートブラシを愛用している人の口コミを楽天レビューで調べました。
2400件以上もの口コミがある中で、高評価がかなり多いのが分かります!

どんな書き込みがあったのか?
参考になる口コミを一部抜粋してご紹介していきます。

購入者さん

肩につくくらいのボブです。

髪質は細めで傷みやすく、量は普通。普段は寝癖がひどいので朝10分くらいかけてアイロンしてます。
レビュー見てると合う合わないがあるみたいなので、届いて使うまで不安でしたが、結果購入してよかったです!

温まるのはそこまで早いと思わないですが、180℃で十分きれいなストレートになりました。
前髪は目と眉の間くらいの長さなので、はじめ使いづらかったですが、髪の上からブラシを当てるのではなく、ブラシ部を上に向けてそこに前髪を乗せて軽くとかす感じにすると上手くいきました◎

ブラシ部分に埃がつきそうなので、耐熱のカバーがあると良かったなと思います。

購入者さん

ボブなので朝からの寝ぐせ直しは必須。だけれども、結構不器用でズボラな私。
今まではストレートアイロン使ってたのですが、量が多いのでブロッキングが面倒くさく、時間もかかっていました。

この商品だとブロッキングが不要でした(*゚∀゚*)
しかも、160度設定位であればちょっとくらい首に当たっても火傷とかしないので、ブラシで髪をとかす要領で、上からと内側からゆっくりめにスイスイととかして終わり。寝ぐせ直し1分もかかりません。

ただ、アイロンみたくものすごく真っ直ぐにはならないので、しっかりストレートヘアを作りたい方には不向きかも。。。
でも、かなり簡単なので、髪の広がりや寝ぐせが直れば良いや~くらいの方にはオススメだと思います。

40代 女性

プレートで挟むタイプよりは自然なストレートといった感じですが~
簡単でちょっとビックリ!

すごい◎これはなかなか良いです。
ただ、水洗い不可だしブラシ部分のお手入れが、もしかしたら少し面倒かもなぁ・・・と感じてます。

40代 女性

ショートから10ヶ月、今ちょうど跳ねる長さでレビューを参考に購入しました。
まずサラッサラになります!

アイロンじゃ上手くいかなかった後ろ部分も普通にブラッシングするようにセットするだけで跳ね知らずのナチュラルストレート(^^)
温度設定ボタンも電源ボタンを2回連続で押せば誤操作も無し!

セット時間もかなり短縮になるのでオススメです

40代 女性

髪の毛がサラサラになり、時間をかければストレートにもなります。
時短でストレートにしたい方はストレートアイロンの方が早くまっすぐになるとは思いますが、自分的には買ってよかった品でした。

夜使って寝て起きてもサラサラなので朝のセットが楽になりました。
他の方の意見で重い!と、ありましたが、そこまで重くなく使ってます。

20代 女性

硬めの髪に加え毛量が多く、ヘアアイロンでは上手く出来なかったので今まで櫛とドライヤーでセットしていました。

結構面倒だったので、ヒートブラシを見つけてすぐ注文!
とても使いやすくてありがたいです!

ミストを髪に吹いている間に温まるのですぐ使えます。
髪を梳かすように撫でるだけで寝癖が直り、髪の内側から梳かしてセットすれば内カールもすぐ出来る~!

朝の準備が早く済むようになりました。
本当にありがたい!

※引用元:楽天レビュー

口コミは以上になりますが、いかがでしたか?

サロニアのヒートブラシを使って、朝のセットがラクになったという方が多いです。
ヘアアイロンが難しくて使えなくても、手軽に使えるのも魅力的ですね!

お手入れに関しては「水洗い不可」なので、髪の毛が絡まったりしたら「つまようじ」などで取ると良いかもしれません。
ブラシの密度は多いわけではないので、たくさん絡まることは少ないと思います。

サロニア ヒートブラシのメリットとデメリット!

どんな商品でも「使いやすい」と感じる部分もあれば、「ここはちょっと微妙だな」と感じる部分もあるものです。
そこで、サロニアのヒートブラシのメリットとデメリットについて気になったので調べてみました。

デメリット

  1. 濡れた髪の毛には使えない
  2. ストレートヒートブラシは濡れた髪の毛には使えません。
    ブラシ型のアイロンと考えてもらうと分かりやすいと思いますが、濡れた髪の毛に当てると「ジューッ!」となります。

    やけどの危険もありますし、髪の毛が痛む原因にも繋がります。
    使う場合にはドライヤーで乾かしてから使うようにしましょう!

  3. ストレートアイロンほど真っすぐ伸びない
  4. 真っすぐにピンと髪の毛を伸ばしたい場合にはストレートアイロンの方が良いですが、自然な感じのストレートに仕上げるならヒートブラシは使いやすいです。
    なので、真っすぐなストレートヘアにしたい場合には不向きでしょう。

    逆に「ナチュラルな感じに仕上げたい!」と思っているなら、サロニアのヒートブラシは合っていると思います!

  5. 縮毛矯正をしている人は使えない
  6. こちらはサロニアの公式ページにて調べたのですが、ご使用上の注意という欄に「縮毛矯正を施術しているお客様はご使用をお控えください」という記載があります。

    理由は書いていなかったので詳細は分かりませんが、縮毛矯正って手触りが良くなっていても「髪の毛の内部にはダメージ」があるんですね。
    サロニアのヒートブラシも熱を利用するものなので、やはり髪の毛に少なからずダメージは受けてしまいます。

    縮毛矯正をかけている部分は形が付きにくいこともあり、高温で長時間熱をあてることに。
    結果、乾燥してダメージの原因になります。

    それもあり、縮毛矯正をしている方の髪の毛のことを考えてのことなのかな!と個人的には感じました。
    髪の毛のダメージは戻りませんので、縮毛矯正をしている場合には美容室で対策されるのが良いかもしれませんね!

メリット

  1. 内巻きや外ハネも作りやすい
  2. 全体のクセなどを抑えやすいだけではなく、ブラシ型になっているので使い方で内巻きや外ハネも作りやすいのが特徴です。
    毛先を内側に向けたい場合は、ブラシの抜く方向を毛先の向けたい方向に合わせると良いかと思います。

    ヘアアイロンのように内巻きにするのは難しいので、内巻きしたい場合はヒートブラシで伸ばした後にヘアアイロンを使う方が良いでしょう。
    使い方のコツとしてはブラシを少しだけ回す(手首を動かす)ように使います。

    髪の毛を持っている方の手もブラシに合わせて動かしてあげるとやりやすくなりますよ!

    外ハネの場合は内巻きと逆の方向にするだけです。
    最後、毛先に手を添えて数秒キープしてからブラシを抜くと外ハネが作りやすいです。

    ただヘアスタイルによって、スリムタイプかワイドタイプかを選ぶ必要はあります。
    ショートやミディアムならワイドだと大きすぎるので、「スリム」を使う方が毛先のアレンジはやりやすくなります。

  3. 短時間で仕上げやすい
  4. ストレートヒートブラシの良さは細かくブロッキングしなくても、ある程度ザックリと髪の毛の表面と内側にブラシをとおすことで自然なストレートに仕上げやすいということですね。

    工程が少ないので、ストレートアイロンと比べると仕上がりまでの時間は短くなります。
    朝にセットする時間がない時などでも支度がラクになると言えますね!

    オートパワーOFF機能が付いていて、約30分後に自動的に電源がOFFになります。
    「消し忘れた・・・」ということもあると思いますが、そんな場合でも安心できますね。

  5. 温度調節が出来る
  6. 髪質やクセの強さによって温度は変えたいので、温度調整ができるのは嬉しいポイント!
    プレート部分の温度は100℃~210℃の間で、5℃ずつ調整が出来ます。

    誤作動防止機能が付いているので、スタイリングしている時に温度調整ボタンに当たって温度が変わるという心配もありません。
    MAXの210℃まで温める場合は、約2分ほどのようです。

    YouTubeにて「スリム」「ワイド」の2種類を検証している動画では、下記の時間で温まっていましたよ^^

  • スリム(約2分10秒)
  • ワイド(約2分20秒)

ワイドとスリムの性能の違いは?

サロニアのストレートヒートブラシには、「スリム」「ワイド」の2種類があります。
短い髪にも使いやすいものが欲しいという方に満足してもらえるように、「スリム」が新しく作られたようです。

「スリム」と「ワイド」で何が違っているのか?見ていきましょう。

スリムタイプ ワイドタイプ
43mm 68mm
重さ 約325g 約360g
温度調節 100~210℃ 100~210℃
オートパワーOFF機能
誤作動防止機能
Wマイナスイオン
海外対応
ヘアスタイル ショート・ミディアム向け ロング向け

スリムとワイドで性能面での違いはないようですね。

「幅」「ブラシの形状」「重さ」が変わってタイプに合わせて作られています。
スリムタイプは、ブラシの構造がワイドと違っていて短い髪をキャッチしやすくなっています。

なので、ボブなどショートスタイルやミディアムの場合はスリムタイプが使いやすいですね!
逆にロングの場合はスリムよりも、ワイドの方がブラシの幅が広く毛束をキャッチしやすいので使いやすいでしょう。

あなたのヘアスタイルに合わせて、スリムかワイドかを選ぶと効果的に使えると思います^^

サロニアのヒートブラシで前髪は伸ばせるのか?

前髪は難しそうだけど、伸ばせるのかな?という不安もありますよね?
実際どうなのかを口コミを調べてみました。

結果としては、ヒートブラシで伸びたと感じている人とイマイチと感じている人は半々くらいでしたね。
イマイチと感じている人の多くは「前髪が短いので難しい」「ブラシのサイズが大きくて使いにくい」というのが理由のようです。

なので、前髪だけアイロンを使って対策されているケースが多いです!
逆に前髪を伸ばせている人は「スリムタイプを使っている」「前髪も他の部分と同じくとかして使っている」「ブラシ部分を上に向けて、前髪をのせてからとかす」などでした。

使い方のコツもあるのかもしれませんが、ブラシのサイズが一番重要だと思います。
やはり短い髪の毛に大きいブラシを使うのは難しいですからね。

ヘアスタイルがロングではないのなら「スリムタイプ」を選ぶとやりやすくなるでしょう!

やけどする心配はない?

サロニアのストレートヒートブラシは、やけどする心配はないのか?
こちらは結論を言いますと「やけどしにくい」です!

やけどをしないということではありませんので、注意は必要です。
プレート部分はヘアアイロンと同様に温度が凄く高いので、当たってしまうとやけどする可能性があるので触らないように気を付けましょう。

ブラシ部分は耐熱素材になっており、ブラシの先端に少し触れるくらいは問題ないので、ヘアアイロンなどと比べると安心して使いやすいとは言えますね!

まとめ

  • 朝セットする時間を短くしたい
  • 簡単に髪のクセを伸ばせる商品が欲しい
  • 温度調節できるヒートブラシが欲しい
  • ヘアアイロンは難しいから手軽に使えるものを探している
  • 真っすぐではなくナチュラルなストレートにしたい

このような人には、サロニアのヒートブラシはおすすめです!

絶対に誰にでも合うとは言えませんが、満足されている方が多いのは事実です。
使ってみないと分からないことも多いので、悩んでいるなら試してみるのも良いと思いますよ^^

サロニアのヒートブラシを楽天で調べる場合はコチラ